PR
PR

農協職員の着服隠蔽指示 とまこまい広域 組合長ら引責辞任へ

[PR]

 【厚真】とまこまい広域農協(本所・胆振管内厚真町)苫小牧支所の30代男性職員が顧客の定期積金など計169万円を着服した問題で、秋永徹組合長ら同農協のトップ3人が着服の事実を把握していたにもかかわらず、法令に基づいた道への届け出をせずに隠蔽(いんぺい)していたことが10日、分かった。秋永組合長は隠蔽の事実を認め、関与した楠野公夫代表理事専務、阿部洋己常務理事とともに今月末で引責辞任する。

 同農協によると、秋永組合長は昨年6月23日、男性職員が顧客の定期積金45万円を着服したとの報告を同支所から受け、男性職員の上司に「不祥事にならないよう何とかならないのか」と指示。男性職員に着服金を弁済させた。

 農協法は不祥事を知ってから1カ月以内に監督官庁への届け出を義務付けているが、秋永組合長は道に報告せず、着服の事実を把握していた楠野専務と阿部常務も黙認。男性職員は7月31日付で依願退職した。

 9月上旬に同農協の内部監査で男性職員が他の顧客の定期貯金も着服していたことが発覚。10月中旬に着服した総額が169万円に上ることが判明し、11月6日になって初めて道へ報告した。同農協の理事会で責任を追及された秋永組合長は着服のもみ消しを認め、3人は昨年12月に辞表を提出した。

残り:289文字/全文:824文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る