PR
PR

大容量データ 高速でやりとり 通信新規格「5G」始まる 4Gの約100倍 2時間動画、数秒で保存

 「5G(ファイブジー=第5世代)」という言葉を最近、よく耳にする。携帯電話の次世代通信規格のことで、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に本格的に実用化される計画だ。一部実用化が始まる19年は「5G元年」とも呼ばれている。高速大容量で、個人の通話やデータ通信のほか、自動車の自動運転や、高精緻の画像を見ながら行う遠隔医療といった事業分野での活用も注目されている。通信規格の進化を振り返りながら、5Gについてまとめた。

 「G」は英語の「ジェネレーション(世代)」の頭文字。端末の小型化や多機能化に伴い、通信規格はおおむね10年ごとに進化してきた=図=。1979年にアナログ方式の「1G(第1世代)」の自動車電話が登場。90年代はデジタル方式の「2G」となり、PHSが普及した。99年には、携帯電話向けのインターネット接続サービスの先駆けとなったNTTドコモの「iモード」の利用が始まった。

残り:914文字/全文:1312文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る