PR
PR

岩農高チーズ全国銅 4年ぶり2度目 ワインの風味加え改良

 【岩見沢】岩見沢農業高の食品科学科が製造したナチュラルチーズ「フィバスの太陽」が全国コンテスト「ジャパン・チーズ・アワード2018」で銅賞に選ばれた。フィバスの太陽の銅賞受賞は4年ぶり2度目で、今回はワインの風味を加えるなど工夫を凝らした。

 大会はNPO法人チーズプロフェッショナル協会(東京)の主催。チーズは同学科の牛乳・乳製品製造専攻班の2、3年生25人が作った。チーズは岩見沢のワインかすの汁を布に染み込ませてふき、風味を足した。審査ではオレンジの色合いと、フルーティーな香りが評価された。フィバスは農業の神を指す。

 同校はこのほか、3種のチーズを出品した。班長で3年の浅野雪菜さん(17)は「入賞できると思っていなかったのでうれしい」、次期班長で2年の高坂夏実さん(17)は「来年はより多くの品で入賞を狙いたい」と話した。

残り:144文字/全文:510文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る