PR
PR

ドサンコ石段駆け上がる 函館で騎馬参拝

 【函館】函館市の函館八幡宮で2日、地元の乗馬愛好家による新年恒例の騎馬参拝が行われた。綿雪が舞う中、流鏑馬(やぶさめ)装束の4人を乗せた北海道和種馬(ドサンコ)が134段の石段を駆け上った。

 乗馬クラブ「函館どさんこファーム」が毎年行っており、21回目。ドサンコがひづめの音を響かせながら、本殿へ続く石段を一気に上ると、観客から「頑張れ」「いいぞ」などと声援が飛んだ。

 本殿でおはらいを受けた池田茂会長(65)は「今年は希望に満ちあふれるいい年になってほしい」と話した。家族7人で参拝に訪れた函館市立旭岡小2年の石川こころさん(8)は、ドサンコにまたがり記念撮影を体験。「階段を上る姿がかわいかった」と話していた。(田中華蓮)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る