PR
PR

子どもの誤飲事故、たばこが最多 4年連続、厚労省調査

 2017年度中に各地の小児科から報告された子どもの誤飲事故を分析した結果、たばこが原因だったケースが23・0%を占め、4年連続で最多となったことが厚生労働省の調査で30日までに分かった。同省は「子どもの手の届く場所に放置したり、空き缶やペットボトルを灰皿代わりにしたりするのは絶対に避けるべきだ」と呼び掛けている。

 国立成育医療研究センター総合診療部(東京)など8カ所のモニター病院から寄せられた情報を分析。17年度に子どもの誤飲事故は640件報告され、原因はたばこが最多で147件。

 たばこ以外の原因は、医薬品・医薬部外品92件、食品類72件だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る