PR
PR

「結月ゆかり」のオリジナル曲、「ニコ動」評判 初日で再生3千回超 オホーツク自虐的に

 バーチャル(仮想)アイドル「結月ゆかり」のオホーツク観光大使就任1年を記念し制作したオリジナル曲の完成版が16日夜、動画配信サイト「ニコニコ動画」で公開された。野生動物の多さや厳しい気候などオホーツク管内の特徴を自虐的に紹介する歌詞が話題を集め、視聴回数は公開から1日で3千回を超えた。

 曲名は「ノーザン・エンド・カーニバル」で、3分46秒の動画。「初音ミク」で知られる音声合成ソフトの結月ゆかりが、ポップなメロディーに乗せて歌う。

 「汽車を停(と)めるはシカの群れ」「一寸先はホワイトアウト」「天を貫けカニの爪」といった歌詞に、女満別空港そばのヒマワリ畑など実写やアニメの映像を合わせる。結月ゆかりをPRするプロジェクトに参加する北見工大の学生が歌詞のアイデアを出し、道内在住の作曲家DATEKEN(ダテケン)さんが作詞作曲した。

残り:189文字/全文:556文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る