PR
PR

北海道新幹線、1日3本が「4時間の壁」突破 来春ダイヤ改正

[PR]

 JR北海道は12日、来春のダイヤ改正で北海道新幹線の東京―新函館北斗間の1日10往復のうち、下り2本、上り1本の所要時間を4分間短縮した3時間58分で運行することを明らかにした。3時間台での運行は初めて。対象新幹線の運行時間帯など詳しいダイヤについては14日に発表する。

 北海道新幹線の新青森―新函館北斗間(149キロ)の最高速度は時速260キロだが、青函トンネルを含む約82キロの貨物列車との共有区間は、すれ違いの風圧による貨物列車の荷崩れを防ぐため、最高140キロに制限している。

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構が9月に青函トンネル内で速度向上試験を行い、160キロ走行でも貨物とのすれ違いで安全上の問題がないことを確認。JRも来春のダイヤ改正から実際の運行でも160キロ運行に移せると判断していた。

 新幹線の移動時間は4時間以上になると、利用者が飛行機を選ぶという「4時間の壁」があるといわれる。JRの島田修社長は12日の記者会見で、3時間台が実現することを踏まえ「さらに利用が増えるように取り組みたい」と述べた。(徳永仁)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る