PR
PR

札幌市電「シリウス」全治3カ月 入庫作業ミスで車両破損

 札幌市交通局は12日、10月に路面電車(市電)に導入した新型低床車両「シリウス」が入庫作業のミスで破損し、運転再開まで3カ月ほどかかるとの見通しを発表した。線路のポイントの切り替えを忘れたのが原因。代替車両を使うため市電ダイヤへの影響はない。

 ミスが起きたのは11月28日午後7時45分ごろ。営業運転を終えたシリウスを、電車事業所(中央区)内の線路に移動させる際、前輪付近のポイントは切り替えたが、後輪付近のポイントを切り替えるのを失念し、バックした際、前輪と後輪が別の線路に進入。運転士が「ギー」という異音を聞いて止めたものの、床下のブレーキの配管や配線が切断するなどした。

残り:79文字/全文:368文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る