PR
PR

「ゴールデンカムイ」に登場の観光地をVR体験 11日に 民族象徴空間カウントダウンイベント

[PR]

 白老町で建設中のアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンイベントが、11日午前10時から室蘭市内のむろらん広域センタービル(海岸町1)で開かれる。

 アイヌ民族の少女が活躍する人気漫画「ゴールデンカムイ」に登場する、網走や夕張など道内16カ所の観光地を仮想現実(VR)体験できるコーナーを設ける。同漫画に登場するキャラクターのパネルを展示する。

 同日午後6時15分から、象徴空間の愛称とロゴマーク入りのカウントダウンボードの除幕式を開く。胆振地区連合アイヌ協会がムックリ演奏を披露する。

残り:97文字/全文:354文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る