PR
PR

乳搾り体験や寄生虫観察…帯畜大の活動紹介 ふれあいフェス、親子ら楽しむ

 【帯広】帯広畜産大の研究や学生活動を地域に紹介する第8回畜大ふれあいフェスティバル(同大主催)が8日、帯広市のとかちプラザで開かれた。多くの家族連れが訪れ、乳搾り体験や寄生虫の観察、ソーセージの試食などを楽しみ、同大の幅広い取り組みの一端に触れた。

 会場には約20のブースが設けられ、学生や教員が来場者を案内した。地元住民に人気の「畜大牛乳」を大学内で搾乳している学生サークル「うしぶ。」は、牛の模型を使った乳搾り体験を初めて実施。子どもたちは学生に「指を順番に動かして」と教えられ、うまく搾れると歓声を上げた。

残り:127文字/全文:384文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る