PR
PR

札幌発キャラ「みっちりねこ」首都圏で人気 アニメで周知 月内に中国へ

 札幌の画像制作会社フレンセルが作るキャラクター「みっちりねこ」の人気が首都圏を中心に広がっている。今年初めから1分間のアニメを東京のローカルテレビ局で放映しており、認知度が高まった。フレンセルはバーチャル歌手「初音ミク」のような、道内発の有名キャラクターに育てたい考えだ。

 みっちりねこは2012年にフレンセルが雑誌に4こま漫画の連載を始めたキャラクター。ほんわかした表情のネコをモチーフにした癒やし系キャラだ。

 女性や子供を主な対象に、ゲームアプリや、動画配信サイトなどにコンテンツの展開を拡大。バンダイ(東京)やイオン(千葉)など大手企業とも組んで、ぬいぐるみや衣服などのキャラクターグッズを販売した実績もある。

 広告代理店の博報堂(東京)や吉本興業(大阪)など6社とアニメーションなどの製作委員会を立ち上げ、今年1月から東京MXテレビで1分間のショートアニメを放映しており、認知度は首都圏で先行。動画配信サイト「ユーチューブ」で見られる映像の視聴数は1100万回を超えた。今年の関連売上高は6億円に達する見通しだという。

残り:322文字/全文:786文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る