PR
PR

道内日本海側で大雪の恐れ 交通障害、強風に注意

 急速に発達した低気圧の影響で、道内は7日、太平洋側を中心に広い範囲でこの冬初めてのまとまった雪が降り、海岸沿いなどでは吹雪に見舞われた。8日にかけては日本海側を中心に大雪になる恐れがあり、札幌管区気象台は吹雪や吹きだまりによる交通障害、強風に注意を呼び掛けている。

 8日午前0時までの24時間降雪量は、オホーツク管内斜里町ウトロで39センチ、後志管内赤井川村で38センチなど。釧路市は22センチ、札幌市中央区は17センチだった。風も強く、7日の最大瞬間風速は根室市で25・5メートル、渡島管内松前町で21・2メートルだった。

 道警交通管制センターによると、8日午前0時現在、吹雪などのため、道道2路線2区間が通行止めとなっている。

 気象台によると、8日は冬型の気圧配置が強まる影響で、8日午後6時までの24時間降雪量は日本海側で50センチ、太平洋側西部で30センチ、最大瞬間風速は太平洋側、日本海側の陸上でいずれも30メートルと予想される。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る