PR
PR

OPEC、減産結論公表持ち越し ロシア判断待ち

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)は6日、ウィーンで開いた定時総会後の記者会見を中止し、協調減産の継続を巡る結論の公表を持ち越した。ロイター通信によると、減産を続けることで暫定合意したが、OPEC非加盟国で減産に参加しているロシアの判断を待っているためだ。減産幅に関し、考えに開きがあるという。

 協調減産の参加国は7日に閣僚級会合を開く。ロシアからの回答を踏まえ、削減する量や方法を詰めた上で発表するとみられる。

 サウジアラビア側は6日の総会後、「メインシナリオは日量100万バレルの削減だ。ロシアには可能な限り減産してほしいと考えている」と強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る