PR
PR

レバンガ、次戦に備え心切り替え

 レバンガ北海道は6日、北海きたえーるでの練習を公開し、選手たちはネト氏の解任と内海HCの就任を受けて気持ちの切り替えに努めながら、8、9の両日に同会場で行われる中地区3位の富山との対戦に備えた。主将の多嶋は「いろんな思いはあるが、試合は待ってくれない。ホームで久しく勝っていないので、コンディションを整えて臨みたい」と前を見据えた。

 練習では内海HCが「ディフェンスからアグレッシブに仕掛けていこう」などと身ぶりを交え指導。多嶋は新指揮官について「形だけでなく、狙いやポイントを細かく教えてくれる」と話した。

 折茂は「(成績不振は)前HCだけでなく、(指導に)対応しきれなかった自分たちにもたくさんの責任がある。引き受けてくれた内海さんのためにも、HCだけに任せず、自分たちで何ができるか考えながら戦いたい」と、選手の総意を代弁した。(安房翼)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る