PR
PR

「勝率5割を目指す」 内海新レバンガHCが就任会見

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のレバンガ北海道の内海知秀ヘッドコーチ(HC)が6日、北海きたえーるで就任会見に臨み、「チーム、ファンのために頑張る。必ずや上を目指せるチームとして育てたい」と決意を示した。

 シーズンの約3分の1を消化し、B1東地区最下位の4勝15敗と苦しい状況で、HCの重責を引き受けた。残り41試合。昨季のB1残留プレーオフ回避ラインが、25勝だったことを念頭に「今大事なのは、目の前の試合に勝つこと。(勝率)5割を最低限、目指していきたい」と目標を設定した。

 2016年リオデジャネイロ夏季五輪で女子日本代表HCとして8強に導き、退任後の昨季から、アドバイザリーコーチとしてレバンガを見てきた。どのように立て直すかについては「ネト(前)HCの情熱を残しつつ、繊細さをもって、日本人の長所である組織的なプレーをきめ細かくつくっていきたい」と話した。

 また、横田陽最高経営責任者はネト氏の解任について「B1で戦うことを継続しながら、新たなレバンガをつくることを目指している。B2に行くという選択はできない」と成績不振が理由だったと説明した。(安房翼)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る