PR
PR

【ライフライン】苫小牧、東胆振

[PR]

 【苫小牧市】

 ◇義援金の配分 道からの義援金の第2次配分は19日まで申請を受け付け。対象は《1》地震が直接的な原因で死亡と確認された人がいる世帯《2》地震で直接負傷し(骨折など)1カ月以上、医師の治療を受けたまたは受ける必要がある人《3》居住している住宅が全壊(損壊した床面積が延べ床面積の70%以上)、半壊(損壊した床面積が延べ床面積の20%以上70%未満)、一部損壊(全壊・半壊には至らないが、修繕が必要な被害があった)の人。対象者は必要書類を持参し、市危機管理室に申し出る。詳細などの問い合わせは市危機管理室(電)0144・32・6280へ(平日のみ)

 ◇住宅支援 地震で住居が損壊し、罹災(りさい)証明書を受けられる被災者を対象に苫小牧市が市営住宅を提供(大規模半壊以上と判定された人)。入居期間は3カ月以内で罹災状況により延長可。敷金や住宅、駐車場の使用料は免除。問い合わせは市住宅課管理係(電)0144・32・6316へ(土日祝日は(電)0144・74・7790へ)

 【厚真町】

 ◇入浴支援 町内避難所で登録申請した人にこぶしの湯あつまの無料入浴券を配布。

 ◇洗濯支援 総合ケアセンターゆくりに洗濯機を設置

 ◇罹災証明書 町役場本庁舎総務課税務グループで交付申請を受け付け中。交付対象者には町役場から順次連絡。平日午前9時~午後5時

 ◇義援金配分 総合ケアセンターゆくりで配分申請を受け付け中。受付期間は人的被害・建物が全壊の世帯、大規模半壊の世帯、半壊の世帯が当面で、半壊に至らない家屋の世帯のうち幌内、富里、高丘、吉野、東和、桜丘、朝日、本郷、幌里地区は12月3~14日、京町、表町、新町、本町、錦町、宇隆地区は17~27日。美里、豊沢、上野、豊川、共栄、富野、上厚真地区は1月7~18日、共和、厚和、鯉沼、浜厚真、軽舞、豊丘、鹿沼地区は21~31日の期間で受け付ける。平日午前9時~午後5時

 ◇災害エフエム 平日午前8時、正午、午後6時から周波数FM81・4メガヘルツ

 【安平町】

 ◇入浴支援 ぬくもりの湯が自宅の風呂が損傷し、修繕中の住民を対象に無料入浴券を交付

 ◇罹災証明書 町総合庁舎の税務住民課、町総合支所の住民サービス課で受け付け中。申し込みの際には住家に貼られた調査済証(なくても可)、免許証、保険証などの身分証明書が必要。平日午前9時~午後5時。問い合わせは税務住民課(電)0145・22・2513へ

 ◇仮設住宅 仮申し込みは町総合庁舎の健康福祉課、町総合支所の住民サービス課で受け付け中。平日午前8時半~午後5時15分。入居できる住宅について個別に通知

 ◇義援金配分 町総合庁舎の復興・生活再建支援室(総務課内)、町総合支所の住民サービス課で12月10日から受け付け

 【むかわ町】

 ◇災害義援金 道と町の災害義援金の配分申請を来年5月31日まで町役場本庁舎、町役場穂別総合支所で土日、祝日を除き受け付け。道が配分する住宅被害分の義援金申し込みには、罹災証明書の写しが必要。郵送での申請も可能

 ◇被災住宅修理費助成 町役場本庁舎、町役場穂別総合支所で土日、祝日を除き来年2月28日まで受け付け。対象は住宅の内外部、灯油タンク、ボイラー、浄化槽、上下水道施設で、家電は除く

 ◇入浴支援 町内避難所で登録申請した人にこぶしの湯あつまの無料入浴券を配布。

 ◇洗濯支援 総合ケアセンターゆくりに洗濯機を設置

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る