PR
PR

岩見沢・緑中、PTA広報紙全国2位 読み応え評価

 【岩見沢】緑中のPTA広報紙「みどり」が第40回全国小・中学校PTA広報紙コンクールで、日本PTA全国協議会の会長賞を受賞した。最高賞の文部科学大臣賞に次ぐ賞で、制作した広報委員会のメンバーは「全国で認められてうれしい」と喜んでいる。

 みどりは年2回発行で、受賞したのは2017年10月の96号と、18年3月の97号。96号は学校の開校70周年に合わせて通常の2倍の全16ページあり、米国からきた留学生と給食試食会の特集、進路選びの参考にと市内の高校紹介など盛りだくさんな内容。また97号は全8ページで、学校祭や部活動などを紹介している。

 今回は全国の小学校3327校、中学校1607校から応募があり、各地域の予選審査などを経て、小中学校それぞれ22校ずつが入賞した。審査では記事の内容やレイアウト、見出しなどが評価の対象。緑中は「ボリューム十分で読み応えがあり、子どもたちの生き生きした姿が充実している」と講評された。

残り:204文字/全文:615文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る