PR
PR

道内今夜から8日にかけ大荒れ 暴風や猛吹雪の恐れ

[PR]

 低気圧が発達しながら北海道付近を通過する影響で、道内は6日夜から8日にかけて大荒れの天気となる見込みだ。札幌管区気象台は、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、6日夜から道南などで雨や湿った雪が降る見通し。7日昼ごろには低気圧が通過する影響で日本海側南部で暴風となる。最大瞬間風速は陸上35メートル、海上30メートルと予想している。

 7日夜から8日にかけては冬型の気圧配置が強まり、上空に真冬並み以上の寒気が入り込むため、日本海側を中心に猛吹雪となる恐れがある。全道的に気温も下がり、最高気温が氷点下となる真冬日となる見込み。気象台は路面や水道管の凍結などに注意を呼び掛けている。(坂本有香)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る