PR
PR

夕張市長、去就明言せず 高橋知事も

[PR]

 高橋はるみ知事(64)は5日の記者会見で、自らの進退について「しかるべきタイミングに、しっかりと私自身の思いを報告したい」と述べるにとどめた。

 自民党道連は高橋氏を来夏の参院選道選挙区(改選数3)に擁立する方向。高橋氏は道連の手続きが終わっていれば、15日の後援会会合で、来春の知事選での5選不出馬と参院選出馬の意向を表明する方針だ。

 これに関連し、高橋氏後継として自民党が擁立する知事選候補に名前が挙がる鈴木直道夕張市長(37)は5日の定例市議会一般質問で、来春の市長選への3選出馬について「夕張再生のため日々、全力で職務にあたっている。しかるべき時期に決断したい」と語り、明言を避けた。

残り:237文字/全文:533文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る