PR
PR

「そおだね~」鹿児島からラブコール 曽於市「夢は北見と友好都市」

 【北見】北見市を拠点に活動するカーリング女子ロコ・ソラーレの選手が平昌冬季五輪の試合中に使った「そだねー」が、「現代用語の基礎知識選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に輝いたのを受け、鹿児島県曽於(そお)市が公式ツイッターで北見市へ交流を呼び掛けるつぶやきを投稿し、「そおだねー」つながりがインターネット上で話題になっている。

 曽於市は流行語大賞が「そだねー」に決まった直後の3日午後5時36分、公式ツイッターに「曽於市としては『そおだね~』とゆるやかに変化させて、今後も推して行こうと思います」と投稿。さらに「北見市との友好都市を結ぶ夢を見る…」とラブコールを送った。

 この投稿には、共感を示す「いいね」が5日正午で300件近く集まった。

 曽於市の五位塚剛(ごいつか・つよし)市長(64)は五輪でのロコ・ソラーレの戦いぶりに感動し、自身の名刺に「そおだね~」の文字を入れ、まちのPRに活用する熱の入れよう。「来年は北見市を訪問したい。将来的には友好都市の関係も結べたら、うれしい」と意欲を見せる。

 北見市の担当者も「大変うれしい話。物産などを通じ、今後親交を深めていけたらいい」と話す。(中橋邦仁)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る