PR
PR

網走のランチ24店マップに まちおこし会社が作成、配布 「中心部ににぎわいを」

 【網走】中心市街地活性化を担うまちおこし会社「まちなか網走」は、市中心部で昼食を提供する店をまとめた「網走まちなかランチMAP」を作成し、無料配布を始めた。昼食のガイドは市内初で、飲食や持ち帰りできる24店を紹介する。中心部は店舗数が年々減っており、関係者は「にぎわいを取り戻すきっかけになってくれれば」と、市民や観光客の利用に期待を寄せる。

 マップはA4判三つ折り。中心商店街のアプト4周辺で昼食がある18店を、ラーメン・中華、寿司(すし)・和食、喫茶・軽食などジャンル別に紹介。各店の外観写真や地図、営業情報を添える。裏面には鶏の半身揚げや海鮮丼など持ち帰りの6店を並べた。21店の看板メニューの写真も掲載する。

 まちなか網走スタッフの市の地域おこし協力隊員、前川勝規さん(45)が取材からデザインまで手がけた。着任した5月、市民から「お昼を食べるところが分からない」との声を聞き、マップ作りを発案。インターネットで昼食がある店を探して実際に味わい、看板メニューを店主と選んだ。

残り:276文字/全文:718文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る