PR
PR

企業採用担当者 大学で情報交換 道商連がツアー

 北海道商工会議所連合会(道商連)は4日、道内の企業採用担当者が大学を直接訪ねて情報交換する「キャリアセンター訪問ツアー」を初めて開いた。企業と大学の結び付きを深める狙いで、札幌、旭川、帯広などのホテルや食品製造業者ら8社が参加した。

 藤女子大ではキャリア支援課の藤田善紀課長が最近の就職活動の傾向を紹介。「札幌以外の企業は特に『働いてもいい』と思わせるプラスアルファの魅力が必要。どんな仕事や生活環境が待っているか、親も納得させられるかが鍵」と助言した。参加した企業の採用担当者からは「地方まで会社を見にきてもらうコツは」などの質問が出ていた。

 この日は札幌国際大、北星学園大も訪問。5日は北海商科大と北海学園大を訪れる。(瓦木毅彦)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る