PR
PR

枝幸漁協、ホタテ漁獲3万トン超 4年ぶり資源回復

 【枝幸】枝幸漁協は3月から続いていた今年のホタテ漁を11月24日に終了した。漁獲量は3万4873トンと、4年ぶりに3万トン台に回復。漁獲高も60億7千万円となり、漁獲量とともに過去2番目の高水準になった。

 同漁協主力のホタテ漁は3万トン台で推移してきたが、2014年12月の「爆弾低気圧」に伴う大しけの影響で、ホタテが土砂に埋まって窒息死するなど深刻な被害を受け、15年は約1万2千トンにまで落ち込んだ。16、17年は2万トン前後で推移。18年は15年に放流した稚貝が4年目を迎え、漁獲に適したサイズになったことから、漁獲量が大幅に回復した。

残り:134文字/全文:406文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る