PR
PR

政府、台風24号を激甚指定 農業被害は全国が対象

 政府は30日の閣議で、9月末から10月にかけて列島を縦断した台風24号に伴う豪雨被害を激甚災害に指定することを決めた。農地や水路などの農業被害は全国を対象とし、国の補助率を1~2割程度引き上げる。

 内閣府の集計では、農業関連の復旧事業の見込み額は全国で63億円となり、指定基準を上回った。このうち鳥取、宮崎両県がそれぞれ13億円だった。道路など公共土木施設の復旧では、鹿児島県伊仙町を「局地激甚災害」に指定した。

 山本順三防災担当相は記者会見で「被災自治体は財政面に不安なく災害復旧に取り組んでほしい」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る