PR
PR

カナディアン公園、来年度末に閉鎖 老朽化で芦別市方針

 【芦別】芦別市は29日の市議会全員協議会で、第三セクターの芦別振興公社に管理業務を委託しているカナディアンワールド公園(同市黄金町)を、2019年度末に閉鎖する方針を明らかにした。露天掘り炭鉱跡地に小説「赤毛のアン」の世界を再現したユニークな施設の歴史は、29年で幕を閉じることになった。

 1990年に開業した前身のテーマパーク、カナディアンワールドはバブル崩壊で経営に行き詰まり、97年に休園。99年から入場無料の市営公園として開放された。カナダの町並みを模した建物には、市民らによる小物店や喫茶店など計18店がテナント入居し、4~10月に営業している。

残り:290文字/全文:569文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る