PR
PR

消失懸念の「エサンベ鼻北小島」、来年確認へ 1管本部

 【小樽】第1管区海上保安本部(小樽)の新田慎二本部長は28日の記者会見で、消失した可能性のある宗谷管内猿払村沖のエサンベ鼻北小島について「来年6月までをめどに早く調査をしたい」と述べた。流氷が去り、波や天候などが落ち着く時期を待って調査する。潮位や同島の高さを洋上などから測量する予定だ。

 1管本部や内閣府によると、同島は1987年に測量され、当時は同村沖約500メートルに位置し、高さは平均海面から1・4メートルあった。面積は約330平方メートル。

残り:195文字/全文:421文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る