PR
PR

室蘭シャークスが最優秀チーム 社会人野球の道連盟表彰

[PR]

 日本野球連盟道地区連盟は26日、道内社会人野球の2018年度連盟表彰とベストナインを発表した。最優秀チームには、5年ぶりに日本選手権に出場した室蘭シャークスが選ばれた。

 最優秀監督は今季限りで退任したJR北海道クラブの狐塚賢浩・前監督が4年連続で受賞。新人賞は青木健太内野手(室蘭シャークス)と、主に外野手で出場した山本昂征内野手(JR北海道ク)が選ばれた。今春創部した北海道ガスには特別賞が贈られた。最も活躍したチームや選手に贈られる中原賞は該当がなかった。

残り:232文字/全文:463文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る