PR
PR

脂汗 ジンギスカンが高い 輸入羊肉価格10年で1.7倍

 北海道を代表する料理「ジンギスカン」に欠かせない羊肉の価格が高騰している。国内流通量の9割以上を占める海外産の輸入価格は、中国での需要増などを背景に10年前の1・7倍に。飲食店などの間では値上げの動きが広がっているが、忘年会シーズンやお歳暮商戦を前に影響が懸念されている。

 道内でジンギスカン店2店を経営する食肉製造販売業「かねひろ」(空知管内長沼町)は4月、レストランでのロースマトンなどの価格を1人前756円から810円に値上げした。「かねひろ羊ケ丘通店」(札幌市清田区)をよく利用するという同区の主婦羽生(はにゅう)克子さん(49)は「ジンギスカンはおいしくて値頃なのが魅力。月1度は食べるので、これ以上の値上げは避けてほしい」と話す。

 忘年会とお歳暮のシーズンが重なる12月は、精肉販売にとって1年で一番のかき入れ時。同社の広川周(まこと)マネジャー(47)は「卸値が高く価格に転嫁せざるをえない。年末商戦に響かなければいいが」と漏らす。

 財務省貿易統計によると、道内への羊肉輸入価格は今年1~8月の平均が1キロ当たり868円となり、08年の年間平均価格511円の1・7倍となっている。

■中国で需要増

 最大の要因は中国での羊肉需要の高まりだ。道内卸業者などによると、健康志向が高まる中国では十数年前から、高タンパクで低カロリーの羊肉が注目され、羊肉の鍋料理「火鍋(ひなべ)」の人気が高まっている。国産の供給が追い付かず、オーストラリアやニュージーランドからの輸入が増えている。

残り:534文字/全文:1177文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る