PR
PR

札医大の再生医療承認 脊髄損傷に世界初 厚労省部会

 札幌医科大と医療機器・医薬品製造のニプロ(大阪市)は、傷ついた脊髄の神経を再生させる再生医療製品「ステミラック」を開発し、厚生労働省の薬事食品衛生審議会部会が21日、条件付きで販売を承認する意見をまとめた。年内に正式承認される見通しで、その後、公的医療保険の適用対象となる。厚労省などによると、脊髄損傷の再生医療製品が承認されるのは世界で初めて。

 ステミラックは患者本人の腰の骨に針を刺して骨髄液を取り、それに含まれる間葉(かんよう)系幹細胞を大量に培養した製品。腕の静脈への点滴で投与する。間葉系幹細胞は損傷部分に自然に集まってタンパク質を分泌し、弱った神経を改善させる特性がある。

 臨床試験(治験)では患者13人に投与し、12人が一定程度改善した。頸椎(けいつい)を傷めて首から下が動かない人に運動機能や感覚が改善した例などがあり、部会はまひなどの機能障害改善に「有効性が期待される」と判断した。

 脊髄損傷の再生医療を巡っては、慶応大が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った臨床試験を計画している。この治療法は、備蓄した他人の細胞から作られた神経幹細胞を使用したり、細胞を損傷部に直接移植する点などが札医大の研究とは異なる。

残り:604文字/全文:1119文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る