PR
PR

福祉避難所

 札幌市が9月の胆振東部地震の際、障害者や高齢者、難病患者ら災害時に特別な配慮が必要な人を対象とした「福祉避難所」を2カ所開設していながら、公表しなかったことが議論を呼んだ。要配慮者であってもまずは一般の避難所に避難し、必要な人だけ福祉避難所に移るという避難方法についても賛否が分かれる。福祉避難所のあり方について、難病患者と、福祉避難所に指定される施設側を代表する立場の2人に話を聞いた。

■対象者決め事前に公表を 北海道難病連代表理事・増田靖子さん

■受け入れる施設に制約も 札幌市老人福祉施設協議会会長・加藤敏彦さん

残り:2526文字/全文:2785文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る