PR
PR

新JR苗穂駅が開業 記念の観光列車が運行

 JR苗穂駅(札幌市中央区北3東11)の新駅舎が17日午前、旧駅舎の300メートル西側で開業した。JR北海道は苗穂発でニセコを往復する記念観光列車「元気です 北海道号」を運行。出発を見に多くの鉄道ファンが集まった。

 新駅舎は周辺の再開発などに伴って移転し、線路をまたぐ連絡橋と共に整備された。従来の南側に加え、北側からも利用でき、連絡橋は24時間通行できる。

 記念列車は、大窓から景色が望める観光用車両ノースレインボーエクスプレスを使った5両編成。胆振東部地震からの復興や観光振興を願って企画され、道内外の約200人が乗車。夕方にかけてニセコで温泉や買い物を楽しむ。

残り:117文字/全文:400文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る