PR
PR

土台と固定するボルト全て脱落 倒れた信号機調査 JR新札幌駅

 札幌市厚別区のJR千歳線新札幌駅構内で9日、線路脇の列車用信号機が支柱の根元から倒れ、線路をふさいだトラブルで、国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が10日、JR北海道社員への聞き取りや現地調査を行った。

 倒れた信号機に気付き列車を停止させた運転士に当時の状況を聞いた後、新札幌駅構内で、倒れた信号機を調べた。村田和三(かずみ)統括調査官は調査後の取材に対し、信号機の支柱は折れておらず、土台と固定する8本のボルトが全て抜けていたと述べ「なぜボルトが抜けたかを調査し、要因を分析する」と話した。また、事故につながりかねない重大インシデントと認定した理由については「倒れた信号機に列車が乗り上げ脱線する恐れがあったため」と説明した。

残り:60文字/全文:380文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る