PR
PR

道産品、タイで魅力発信 どさんこプラザ、海外2店目開店

 【バンコク堂本晴美】道の道産品アンテナショップ「北海道どさんこプラザ」のタイ・バンコク店が9日、首都バンコクの日系百貨店「サイアム高島屋」内に開業した。高島屋内にはこのほかラーメン、すし、菓子など道内関連の6店も開業。北海道の魅力発信や輸出拡大の拠点となることが期待される。

 海外のどさんこプラザはシンガポールに続き2店目。高島屋が入るアイコンサイアムは、バンコク中心部の西方のチャオプラヤー川沿いに立地するタイ最大級の大型複合施設。開業は国内でも注目されており、高島屋は年約3千万人の来店を見込んでいる。9日は招待客向けに開業し、一般客向けは10日となる。

 どさんこプラザは高島屋の食品フロアの一画にあり、広さ約120平方メートル。道産の農水産加工品、乳製品、菓子、化粧品など約500点をそろえ、店員4人が常駐する。試食や実演販売のコーナーを設け、消費者の反応を探り企業に伝える試験販売も行う。東南アジアの旗艦店として年間売上高1億円を目指す。

残り:299文字/全文:723文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る