PR
PR

道内、10日昼すぎまで雨

 発達した低気圧が北海道付近を通過する影響で、道内は10日昼すぎまで雨が降る見通しだ。札幌管区気象台によると、大雨のピークは10日未明ごろだが、地盤が弱っている胆振東部地震の被災地を中心に低い土地の浸水や河川の増水に注意を呼び掛けている。

 気象台によると、10日午後6時までの24時間降水量は、日本海側南部、太平洋側西部で80ミリ、太平洋側東部で70ミリの見込み。(折田智之)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る