PR
PR

バド、奥原と桃田が準決勝進出 福州中国オープン

 バドミントンの福州中国オープンは9日、福州で各種目の準々決勝が行われ、シングルスで女子の奥原希望が高橋沙也加(ともに日本ユニシス)を2―0で下し、男子の桃田賢斗(NTT東日本)は孫完虎(韓国)にストレート勝ちした。

 ダブルスは女子の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)と永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、混合の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が4強入りした。(共同)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る