PR
PR

白老ごみ燃料化施設、補助8550万円「不当」 検査院報告 町が全額返還へ

 会計検査院が9日に公表した2017年度の決算検査報告で、システム不調のために運転停止が続く胆振管内白老町のごみ固形燃料化施設「エコリサイクルセンターしらおい」について、建設時に農林水産省が同町に交付した補助金のうち、8550万円が不当と指摘された。同町は9日までに固形燃料の製造事業を本年度で断念し、不当とされた補助金全額を返還する方針を決めた。

 同施設は、可燃ごみを固形燃料として再利用することを目的に、09年4月に町が設置した。整備費は約14億円で、うち半額の約7億円は国の補助金を充てた。

 当初計画では、固形燃料を年1万1千トン生産して全量販売する予定で、「町内のごみの90%以上を資源化できる」として全国でも注目された。ただ、稼働直後から、計画通りの品質の燃料が製造できないなどトラブルが続出し、14年3月末で設備の運転を停止した。

残り:176文字/全文:547文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る