PR
PR

えりもに大規模風力発電 20万キロワット、23年稼働目指す

 【えりも】日高管内えりも町に、最大出力20万キロワットの大規模風力発電所の建設計画があることが分かった。道内で稼働中の風力発電能力(約39万キロワット)の半分に相当する。風力発電は天候に左右されやすく、総蓄電容量50万キロワット時の蓄電池設備を建設し、胆振東部地震で課題となった非常時の電力の安定供給も図れるようにする。2023年頃の稼働を目指す。

 計画したのは、高知県や広島県など全国で太陽光発電事業を手がけてきたアールイー・パートナーズ(大阪市、資本金1千万円)。韓国の電力大手「韓国電力公社」も参入予定で、今月中にも特定目的会社(SPC)を設立する。総事業費1200億円。国や道の補助制度の活用も見込む。

残り:482文字/全文:788文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る