PR
PR

29年目

[PR]

スポーツの世界で勝ち続けるのは難しい。プロ野球巨人は9連覇、ラグビーの新日鉄釜石(現・釜石シーウェイブス)は7連覇で途絶えた。個人では、柔道の山下泰裕さんが全日本選手権で9連覇を達成しているが、二桁連覇というのはあまり聞いたことがない▼それを考えると28連覇は大記録だ。生まれた子が成人し、場合によっては結婚して、親になってもおかしくない時間の長さである。たとえそれが道内の高校生の大会であっても、勝ち続けるのはどれほど大変か▼全国高校バスケットボール選手権道大会女子で、28連覇中の札山の手を札東商が破った。試合終了と同時に、札東商の選手らが喜びの涙を流し抱き合う写真が本紙にも載っていた。すがすがしい初優勝だった▼各チームは、その間ひたすら「打倒・札山の手」を目標に頑張ってきたのだろう。だが、実力の差だけでなく、札山の手の「不敗神話」にも、知らず知らず萎縮していた面があったかもしれない▼それだけに札東商の喜びもひとしおでは。大会は3年生が出場できる最後の舞台だ。全国でも健闘を期待したい▼敗れた札山の手は、もう1、2年生が来年に向けて動きだしているころか。スポーツで最後まで勝ち続けられるのはほんの一握りにすぎない。負けから何かを学び取る前向きな姿勢がある限り、その負けは無駄にはならない。きっと来年は、もっと強くなれる。2018・11・9

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る