PR
PR

囲碁・山下九段 史上最速で千勝 旭川出身

 囲碁の山下敬吾九段(40)=旭川市出身=は8日、第43期棋聖戦の挑戦者決定戦で河野臨九段(37)に白番中押し勝ちし、プロ入りから25年7カ月と史上最速で公式戦通算千勝(470敗1持碁1無勝負)を達成した。棋聖戦への挑戦は3期ぶりで、来年1月から井山裕太五冠(29)との七番勝負に臨む。

 通算千勝は史上24人目で、達成年齢の40歳2カ月、勝率6割8分はそれぞれ結城聡九段の39歳2カ月、7割2分9厘に続き史上2位。山下九段は最速での達成について「特に意識はしていなかったが、900勝も棋聖戦の挑戦者決定戦。運が良かったのかな」と冷静に語った。

残り:168文字/全文:439文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
道新囲碁サロン 「次の一手」問題
ページの先頭へ戻る