PR
PR

日本ハムが地震被災地に義援金 北海道の6市町に総額2千万円

 日本ハムは8日、胆振東部地震の義援金として、総額1993万6710円を被害の大きかった胆振管内の厚真、安平、むかわの3町、日高管内日高町、札幌市、北広島市の2市4町に送ると発表した。

 札幌ドームと2軍の鎌ケ谷スタジアム(千葉県)での募金799万9632円に、2011年まで日本ハムに所属したダルビッシュ有投手(米大リーグ・カブス)の寄付金1千万円、選手会が拠出した100万円などを加算した。

 中島卓也選手会長は「被災された方々のお役に立てるよう、これからも自分たちに何ができるかを考え、全力を尽くしたい」とコメントした。球団は、選手が用具を出品したインターネットオークションを13日まで実施しており、その収益も義援金に充てる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る