PR
PR

旭山動物園、夏季営業が終了 15年ぶり100万人下回る 台風と胆振東部地震影響

 【旭川】旭川市旭山動物園は3日、夏季営業を終了した。4月28日からの入園者数(速報値)は前年同期(確定値)比9・0%減の94万5761人となり、15年ぶりに100万人を下回った。相次ぐ台風と胆振東部地震が大きく影響した。

 繁忙期の7~8月は大雨などの天候不順で客足が伸びなかった。9~10月は胆振東部地震で臨時休園した上、再開後も団体客のキャンセルが相次ぎ、前年比で2割以上減少。今季、水鳥などを放し飼いにする「ととりの村」を1年半ぶりに新装オープンしたが、歯止めをかけられなかった。

残り:183文字/全文:426文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る