PR
PR

沖縄戦遺族の手紙、赤平で親族に返還 孫の瀬戸さん「初めて知ること多い」

 【赤平】太平洋戦争末期の沖縄戦で戦死した兵士の遺族が終戦後、元上官にあてて送った手紙を差出人の親族に返還している青森県の写真家浜田哲二さん(56)と妻の律子さん(54)らが3日、市内平岸曙町の瀬戸彰さん(88)宅を訪れ、瀬戸さんの父の利作さん(故人)がつづった手紙を届けた。

 手紙は利作さんが二男の利弘さんの上官だった元陸軍歩兵第32連隊第1大隊長伊東孝一さん(98)=横浜市=にあてて書いた。伊東さんが利弘さんの戦死を伝えてくれたことに感謝するとともに、「皆様のご尽力により、無事町葬を営んでくださいました。これは一重にあなた様のご尽力によるもの」と報告している。

残り:356文字/全文:640文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る