PR
PR

「これは聖戦じゃない」訴えた安田さん 「可能な限り説明する責任」

 内戦下のシリアで武装勢力に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリスト安田純平さん(44)が2日、東京都内で開いた記者会見の詳報は次の通り。


 【説明責任】

 私自身の行動で日本政府が当事者となり、大変申し訳ないと思っている。解放に向け尽力していただいた方々におわびするとともに感謝申し上げる。何が起こったのか、可能な限り説明するのが私の責任と思っている。


 【取材目的】

 「イスラム国」(IS)の資料に戦闘員のリストであるとか、それぞれの家族構成で給料が違うとか、それぞれの月の予算表とかが見て取れた。単なるならず者というより、きっちりとした国家のような組織を構成している一端が見え、さらに取材したいと思った。また、イスラムに基づく地域社会が外部の人間から見て理解し得るものかどうかを探りたいというのが(取材の)目的だった。表に見えている世界とは違う世界がある。そういったものも追ってみたい、と思っていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る