PR
PR

エゾナキウサギが冬支度 然別湖近くで餌集め

 十勝管内鹿追町の然別湖近くで、準絶滅危惧種のエゾナキウサギが厳しい冬に備えて餌集めに駆け回っている。日本での生息は道内の山中に限られ、愛らしい姿を見ようとカメラを持って訪れる人もいた。

 30日朝、雪がうっすら積もった岩場に「ピィ、ピィ」という鳴き声が響き、体長15センチほどのナキウサギ数匹が姿を見せた。冬眠しないため、冬の間の餌を岩陰のすみかにため込む。木の実や枝を口にくわえ、時折足を止めて遠くを見つめるようなしぐさを見せた。

 本格的な冬が訪れると、すみかにこもって春を待つ。写真を撮りに来た帯広市の宮沢龍彦さん(66)は「走る姿が愛らしい」と話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る