PR
PR

2018年ファイターズドラフト指名選手 一覧

[PR]

 10月25日のドラフト会議で根尾昂内野手(大阪桐蔭高)を1位指名したが、4球団による抽選に外れ、代わって指名した吉田輝星投手(秋田・金足農高)との交渉権を獲得した。合計では7選手を指名。内訳は高校生が5人、大学生、社会人各1人で、ポジション別では投手4人のほか、捕手と内野手、外野手が1人ずつだった。

 2位の野村佑希内野手(埼玉・花咲徳栄高)は今夏の甲子園大会には、「4番・投手」で出場。高校で通算58本塁打を放った長打力が売りだ。3位生田目(なばため)翼投手(日本通運)は右の速球派で、即戦力として期待される。

 強打の4位万波中正外野手(横浜高)、150キロ超の速球を誇る5位柿木蓮投手(大阪桐蔭高)や、6位の田宮裕涼捕手(千葉・成田高)は将来性豊かな好素材。7位福田俊投手(星槎道都大)は、球団として2年ぶりの道内出身選手の指名となった。

順位 名前(年齢) 守備位置 出身校・所属
吉田 輝星(17) 投手 金足農高
野村 佑希(18) 内野手 花咲徳栄高
生田目 翼(23) 投手 日本通運
万波 中正(18) 外野手 横浜高
柿木 蓮(18) 投手 大阪桐蔭高
田宮 裕涼(18) 捕手 成田高
福田 俊(21) 投手 星槎道都大
育成1位 海老原 一佳(23) 外野手 BCリーグ富山

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る