PR
PR

スマホ充電 路線バスでも 函館バス、USBポート設置の車両導入

 函館バスは、函館市内を中心とした路線に携帯電話やスマートフォンなどの充電用USB電源ポートが設置されたバス2台と、コンセント付き1台の計3台の新型車両を導入し、22日から運行を開始した。外国人観光客や通勤や通学の市民らの利便性を高める狙い。特定の路線は定めず運行する。

 USB電源ポートの設置車は定員54人(22座席)、同53人(26座席)の計2台。ポートは座席の横や前側などにいずれも計13カ所設けられ、USB用の充電コードを持参すれば無料で充電できる。

残り:254文字/全文:483文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る