PR
PR

密室での出来事の真相

 たとえば森友学園に関する寄付金の問題のように、密室での出来事について当事者の言い分が食い違うとき、「ある」という側は、相手を陥れるために嘘をついている可能性があり、「ない」という側は、責任を逃れるために嘘をついている可能性があります。

 裁判所では、このような食い違いは日常茶飯事です。

残り:515文字/全文:658文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る