PR
PR

国鉄車両の往時しのぶ 鉄道ファンら見学 北見の展示場

 オホーツク管内で活躍した旧国鉄時代の鉄道車両に親しむ催しが21日、北見市常盤町の丹尾鉄道遺産車両展示場で開かれ、家族連れや鉄道ファンが線路に降り積もった雪をはね飛ばす「ラッセル車」の内部などを見学した。

 北見市民らでつくる「石北沿線ふるさとネットワーク」が不定期で開催している。今回は展示されている7台のうち、除雪車や手紙を運ぶ郵便車など4両の内部が公開され、旧国鉄の北見保線区で約25年勤務した仁部敏雄さん(73)=北見市在住=がガイドを務めた。

残り:190文字/全文:415文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る