PR
PR

夕張支線、紅葉と最後の共演 撮影スポットにファン集結

 【夕張】紅葉シーズンの週末の20日、鮮やかな紅葉を背景に、来年4月に廃止されるJR石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)の列車を撮影しようと、多くのアマチュア写真家や鉄道ファンが沿線を訪れた。

 木々の間を縫うように走る夕張支線は、春のサクラやこの時期の紅葉など、四季折々の自然と車両を同時に写真などに収めることができる。特に沿線の紅葉は美しいと人気で、今月中旬ごろから各所で多くの撮影者がカメラを構えている。

残り:191文字/全文:399文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る