PR
PR

日ハム選手帰札 来季へ思い新た

[PR]

 クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで敗退した日本ハムの選手らは16日、前日まで試合があった福岡から札幌へ戻り、荷物整理などのために札幌ドームを訪れた。栗山監督は「(CSでの敗戦は)悔しかったが、きょうからまた始まって、『行くぞ』という思い」と話した。

 選手たちは今後、宮崎県での秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)に合流するなどして、来季への準備をスタート。31日からは沖縄県で秋季キャンプに入る。清宮は「進化した僕を来季が始まったときに見せられるように頑張る」と表情を引き締めた。

 また、国内外の球団への移籍が可能な海外フリーエージェント(FA)権を取得した中田は「(行使の有無は)これからしっかり考えていきたい」と説明。同じく権利を持つ宮西は「日本ハム一筋でやりたいという思いはある。(球団と)しっかり話し合って考えたい」と述べた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る